登録クラフトビール数 796件 口コミ数 678

アヘル醸造所

アヘル醸造所はトラピストビールを製造する醸造所の中でも新しい施設となります。

19世紀中盤にはビールの製造を始めていたようですが、戦争などで占領されたり、なかなか製品化して販売するまでにはいきませんでした。

しかし現代に入ると醸造所を再開するだけでなくカフェテリアも建設、修道院でビールが飲めるというたいへん珍しい形態となります。

またアヘル修道院はベルギーとオランダの国境が施設の中に走っており、醸造所はベルギー側にあるので生産される銘柄はベルギービールとされています。

最近までこの醸造所のビールを飲むには修道院に併設されているカフェテリアに出向くしかなかったのですが、2001年には瓶詰めして流通させるための製品を開発。

今では日本でも「アヘル・ブロンド」や「アヘル・ブラウン」といった代表銘柄を気軽に楽しめるようになっています。