ヤッホーブルーイング一覧

1996年に創立されたヤッホーブルーイングは、あの星野リゾートの社長がアメリカで飲んだエールビールに感銘を受けたことがきっかけとなり誕生しました。

2008年からは井手直行氏が社長に就任し、地ビールブームが去った後の苦労を経ながらも斬新なアイディアを提案したり質の高いビールを作り続けていきます。

2015年にはクラフトビールメーカーとして売り上げ1位を達成、大手企業に迫らんとする勢いで成長を続けています。

代表銘柄は「よなよなエール」、「インドの青鬼」などアメリカンスタイルなエールビールで、ほとんどの製品がリーズナブルで販売経路も豊富、気軽にピルスナー以外のビールを日本で飲めるようになった現在の日本の状況はヤッホーブルーイングが切り開いていったおかげなのです。