登録クラフトビール数 796件 口コミ数 678

デ・ラ・セーヌ醸造所

ブリュッセルから近い町セント・ピーターズにて、音楽家を目指していたベルナルド氏が2004年にセント・ピーターズ醸造所を立ち上げ、出荷量が増加したこともあって移転してからはデ・ラ・セーヌ醸造所を名乗るようになりました。

伝統的なランビック等をしっかりと仕込むだけでなく新しい感性で新製品開発や他の醸造所とのコラボレーションも行ったりと、エネルギッシュなアプローチを特徴としています。

代表銘柄は「ブリュッセレー」は意欲的な醸造所が近年率先して発表するブラックIPAですが、デ・ラ・セーヌのものは特にバランスが良いのが特徴となります。