登録クラフトビール数 796件 口コミ数 678

アサヒビール

ドライビールの立役者

1949年に大日本麦酒が分割されることにより誕生したアサヒビールは日本の高度経済成長時には他社に後れをとってしまい、会社存続の危機にも追い込まれたこともありました。
しかし80年代に辛口でキレのあるビール「アサヒスーパードライ」を開発すると起死回生、予想を大幅に上回るメガヒット商品になります。

そして他社も後に続けと類似品を量産しドライ戦争なる熾烈な販売競争を巻き起こしますが、今現在もなおフラッグシップ製品としてドライビールを生産するのはアサヒビールだけです。

クラフトビール的観点からするとスーパードライの麦芽を減らして副原料を増やすといったアプローチは必ずしも好まれるとは限りませんが、しかしこれこそ日本が生んだ新しいビールのスタイルであると再評価する声もあります。

また人々の嗜好の変化、多様性を見越して実は1994年からクラフトビール事業にも進出しており、自社だけでなく新規事業者へのサポートも積極的に行っている顔もあります。