シェアする

黒ビール 種類まとめ

シェアする

黒ビールとは?

黒ビールとは黒ビールとは読んで字のごとく黒い色のビールのことを指し、大手ビールメーカーからも毎年新製品がリリースされるほど人気が高まっています。

しかしながら日本では一般にあらゆる濃色系ビールを黒ビールと1つにまとめることが多いのに対して、諸外国では製法ごとに複数のスタイルに分けて認識することが常識となっており、それぞれの好み、シーンに合わせてセレクトすることで楽しいビール生活を満喫しているのです。

クラフトビールが浸透してきている現在の日本では他種多様な黒ビールが各ブルワリーから販売されていますから、私達も基本を学んで黒ビールをもっと楽しんでいきましょう。

黒ビールには種類がある

ビールは原料や製法によって100種類以上のスタイルが存在するのですが、黒ビールにも複数種類が存在し、代表的なものには

ポーター スタウト シュバルツ

といったものがあります。

ここではこの代表的な3つのスタイルを簡単に説明してみます。

黒ビールはどのようなシーンで楽しむ?

複数種類のスタイルがある黒ビールですが、基本的には芳醇でコク深い味わいが特徴となります。

そうなると気になるのがどういったシーンで飲めば良いのかということであり、当然ながら食事とのペアリングがおすすめとなります。

そしてその具体例ですが、濃い味付けの料理、煮込み料理やバーベキュー、そしてスモーク料理などはコクが深まるので鉄板の組み合わせ。

特に麦芽使用量を高めたインペリアルスタウトとスペアリブなどはもう極上の相性を発揮します。

しかしこれらは手の込んだ料理がほとんどでもありますから、なかなか気軽に用意できないと思われる方は味よりも「」を優先して考えてみましょう。ワインなどでもそうであるように、色を合わせるとあまりハズすことはありません。

ユニークな組み合わせとしては醤油味、味噌味をベースとした和食。これらもコクが深まって味わい深いものになりますし、西洋料理、グリル系よりは用意しやすいところもポイント。

さらに面白いものではスタウトと牡蠣料理の組み合わせというものがあり、ロースト麦芽の香ばしさと磯の味わいがマッチングするとの意見もあります。

実際にイギリスでは親しまれているペアリングでもあるようで、試してみるのも楽しいかもしれませんね。

黒ビールペアリングのポイント

・黒ビールは濃い味付けの料理、煮込みやバーベキュー、スモークがおすすめ

・味以外に「色」で選んでみる

・醤油や味噌の味わいも深くなる

・牡蠣料理とも意外な相性を発揮