登録クラフトビール数 796件 口コミ数 678

思わずほしくなるビールタンブラーおすすめの逸品。【素材別】

タンブラーの選び方

素材の種類と特徴で自分に合った愛用タンブラーを見つけましょう。

ステンレスタンブラーの定番サーモスから銅、錫、チタン、スタバ限定タンブラーまであらゆるタンブラーをまとめて紹介しちゃいます。

金属製タンブラーは泡立ちがクリーミーなのが特徴で二重構造になっているものが多いです。

選ぶ大きなポイントは「重さ」。素材によって重さが違うのですが、見た目だけで選んでしまうと「軽すぎる」こともあります。「飲んでるなぁ!」と感じるのであれば適度に重みがあるほうがいいでしょう。

 

ステンレスタンブラー

サーモスタンブラー JDE340

ステンレスは「ステン(錆び)」「レス(ない)」という意味の鉄にニッケル・クロムを含めた合金ですが、価格が1,000円台から購入可能とコスパがよいので多くの人に愛用されています。

最近は二重構造のステンレスタンブラーが主流で保温性が高いため、キンキンに冷やして飲みたい!という方や温度を一定に保って適温で飲みたいという方におすすめ。

喉越しを重視するなら細くて背が高いタンブラーを選びましょう。


 

価格帯
1,500〜3,000円
保温性
★★★★★
★★★★★
特徴
 
手に持ったときの温度が伝わりにくい

水滴が付かない

内側の凹凸クリーミーな泡立ちを実現

代表商品
サーモス真空断熱タンブラー リュクスメタルサーモ  パール金属 ビールタンブラー

 

サーモス 真空断熱タンブラー 340ml ステンレス JDE-340


一番のおすすめは、サーモス真空断熱タンブラーのJDE-340。前作のJDA-320から20ml増えました。(写真中央手前)

ほどよく口が開いておりクラフトビールの色んなビールスタイルにフィットします。サーモスのロゴも目立たない箇所にあるのもうれしいところ。価格が非常にリーズナブル。

 

 

パール金属 ビールタンブラー300ml

ステンレスは元々熱を伝えやすい金属です。このタンブラーは二重構造ではないので手に取るとビールの冷たさがダイレクトに伝わってくるのがポイントです。

そしてグラスに口を付けるとビールの冷えた感触をダイレクトに味わうことが出来ます。造形の美しさにため息が出るほどの逸品。

 

 

銅タンブラー

銅タンブラー

銅は温度を伝えやすい金属で冷たいビールを注ぐと手にも冷たさが伝わります。現在ステンレスタンブラーを代表とする二重構造と趣旨は異なり、ビールを口にした瞬間に唇に冷たさが伝わることでビールの存在感をしっかりと感じることが出来ます。キンキンに冷えたビールを味わいたいときにもぴったり。

また銅はほどよい重みと手に取ったときの金属の質感を感じるので、「飲んでいる!」という感覚は非常にあります。銅タンブラーの多くは内側の凹凸加工によりクリーミーな泡立ちを実現しています。

 

価格帯
2,000〜4,000円
保温性
★★★★
★★★★★
特徴
 

手や口に熱が伝わりやすい

ステンレスより重い

金属加工の凹凸によりクリーミー

代表ブランド
新光金属 COPPER 100 和平フレイズ 銅タンブラー  食楽工房 ビアカップ

 

新光金属 COPPER 100

ビールマグ

タンブラーではありませんが、とっておきの銅マグをご紹介します。

手に取った重み、ビールを注いだときのひんやり感、口にビールが触れたときの感触。銅の良さが存分に味わえるCOPPER100。銅製品の老舗ブランドなので実家に帰ると置いてある家庭も多いのではないでしょうか。

タンブラーよりも安価で販売されているのがビールマグタイプ。タンブラータイプよりも冷たい飲み物を持つときに手が冷たくならず持ちやすいのが特徴です。

新光金属 COPPER 100 ビアーマグ 12oz S-588
新光金属(Sinkoukinzoku)
¥ 1,973(2018/11/26 17:27時点)

 

銅タンブラー

凹凸によりクリーミーな泡が楽しみたい場合にはタンブラータイプを選びましょう。

新光金属(Sinkoukinzoku) タンブラー ブロンズ 大
新光金属(Sinkoukinzoku)
¥ 2,613(2018/11/26 17:28時点)

※AmazonではS501の色がピンクゴールドのようですがすべてのサイズで上画像の色味の商品です。

 

チタンタンブラー

チタンタンブラー

ステンレスと似た質感ですが、実はステンレスとはまったく異なる金属です。チタンは純粋な金属で金属アレルギーの心配がなく軽くて丈夫、美しい質感 と優れた性質を多く持つ優れた金属です。

持った瞬間に、非常に軽量なことに驚くはずです。温度が伝わりにくいので手に持つと適温なことも特徴の一つ。重みがほしい場合にはおすすめではありません。

 

チタンタンブラーもステンレスと同様の二重構造をしている製品とそうでない製品とあります。


 

価格帯
5,000〜15,000円
保温性
★★
★★★★★
特徴
 
美しい質感

無味無臭で毒性がない

金属アレルギーが起きにくい

手や口に熱が伝わりにくい

ステンレスより軽量

錆びない

デメリットは手が届きにくい価格

代表ブランド
タイタネスタンブラー HORIE チタン製二重タンブラー  チタンブラー

 

タイタネスタンブラー

タイタネスタンブラー ビア ミラー

日本APEC2010で日本の技術を誇る贈答品に選ばれたチタン真空タンブラー「タイタネスタンブラー」。切り出したばかりの金属のような艶感で見るものを魅了します。金属加工業の盛んな新潟県燕市にあるSUSgallery(サスギャラリー)の逸品。

こちらは真空断熱なので保温性バツグンです。

楽天市場で探す

 

HORIE チタン2重タンブラー

HORIE チタンタンブラー

新潟県燕市にあるチタン加工会社のHORIEのチタンタンブラー。美しいチタンタンブラーをリーズナブルに。(といっても高いですが) こちらは二重構造になっていますが、真空ではないので残念ながら保温性はステンレス製の真空断熱タンブラーのほうが優秀です。保温性を重視するのではなくチタン加工の美しさで選びましょう。

Amazonで探す

 

マーベリック チタンブラー

バイクマフラーのようなタンブラー。実は三重県鈴鹿市にあるバイクマフラーを製造するバイクカスタムパーツブランド「マーベリック」を運営する会社クラフトアルマジロ。

鈴鹿サーキットで数々のレースで検証してきたチタン加工技術をもっと知ってもらいたいと作ったのがチタンブラーだそうです。

バイク・車好きな男ゴコロをくすぐります。


チタンブラー性能評価

バイクマフラーの性能を評価するようにチタンブラーの性能評価表も作っていました。本気度がうかがえます。

チタンカップ

チタンカップ

これ完全にマフラーじゃない?

マーベリック チタンカップ インディゴ
クラフトアルマジロ
¥ 8,640(2018/11/27 08:13時点)

 

陶器タンブラー

陶器タンブラーを選ぶ理由は、その独特の雰囲気と重厚感があるからではないでしょうか。うわぐすり(釉薬)、素地の質感、手に持った感触 そういった造形美を感じ取れます。窯元を巡って自分に合ったオンリーワンの品を探すのもいいですね。

陶器は、ステンレスやチタンといった金属と比べると性能面ではやや劣る部分が多いのですが、口あたりがまろやかで泡もクリーミー。あとは、やはり好みの質感とデザインで選ぶとよいでしょう。

白磁タンブラーや粉引しのぎタンブラーも美しさに定評があります。

 

価格帯
700〜3,000円
保温性
★★★
★★★★★
特徴
 
多種多様なデザインと質感
和テイスト
泡立ちがクリーミー
喉越しのよさ
 
代表ブランド
美濃焼タンブラー 有田焼タンブラー スターバックス陶器タンブラー

 

ビールグラスメニュー