登録クラフトビール数 796件 口コミ数 678

ホワイトエールとは。ホワイトエールに合う料理を紹介。

ホワイトエールとは

ホワイトエールは大麦だけでなく、小麦を原料に使って製造されるビールで、濁りのある薄黄色~白色がリキッドカラーとなります。そのため白ビールとも呼ばれます。

なめらかな舌触り、そしてリンゴやバナナにも似た甘味と酸味が漂う味わいは初めて飲んだ場合ビールとは思えないほどで、ビールの苦みが苦手な人でもホワイトエールは大丈夫、という人が多いのです。

ベルギーが発祥とされていますが現在は世界中のクラフトビ―ルブルワリ―が率先して製造しているスタイルであり、日本にも素晴らしいホワイトエールがたくさん存在しています。

 

ホワイトエールの2大スタイル

 
 

ホワイトエールに合う料理

フルーティーでスッキリした酸味が特徴のホワイトエールは、人によってはジュース感覚でグイグイ飲んでしまいます。

そういった意味料理と合わせるのが難しいと感じがちなのですが、ホワイトエールはスパイスも含まれていることから肉料理、特に豚のしょうが焼きとは素晴らしい相性を発揮します。

また煮込んだりしっかり調理したシーフード、中でもアサリやムール貝といった貝とはなかなかのペアリングを発揮。甘い味わいながら食中酒として大活躍してくれるビールなのです。

これだけ覚えておこう

ホワイトエールのスパイスが豚のしょうが焼きと良くマッチング

シーフード、特に貝との相性バツグン!

 

 

白ビールメニュー