シェアする

スタウトについて教えて!スタウトおすすめ3選

シェアする

スタウトとは?

ドラフトギネススタウトはイギリスのポーター人気に触発されたアイルランドのギネス社が「スタウトポーター」を開発、これが発祥とされています。
原料の一部にかなり焙煎して焦げ茶色にした麦芽を使用することで醸造後にはほぼ黒に近いトーンに仕上がり、
香ばしいコーヒーやナッツような香りとコク深さ、ほのかな酸味を特徴とするのです。

スタウトおすすめ3選

1.ギネス社 ドラフトギネス

フローティング・ウィジェットによるなめらかクリーミーな質感はとってもマイルド
5/5 (4)

正確にはドライ・スタウトというスタイルの銘柄ですが、世界で最も普及しているスタウトでもあり、
なおかつ日本の大手メーカー、マイクロブルワリーでもまだまだ見当たらない味。スタウト未体験の方はまずこれを飲んでみましょう。

2.ギネス社 フォーリンエキストラスタウト

海外向けにホップとアルコール度数を高めたスタウト

ギネス社のエキストラスタウトを輸出用に改良、アフリカや東南アジアで人気が高い製品ですが日本でも入手可能です。
アルコール度数7.5%と高く、味わいも強めですので通常のスタウトに慣れたらぜひ挑戦してほしい製品。

3.サンクトガ—レン インペリアルチョコレートスタウト

原材料をふんだんに使用して濃厚なカカオ香を獲得
4.5/5 (6)

大量のロースト麦芽使用による芳醇で濃厚なスタウト。高級チョコレートのようなカカオフレバ—が魅力で、
バレンタインデーでは大人気、即完売するほどです。