IPAビールとは。IPAビールに合う料理は?

IPAとは

ホップ

IPAとは、インディアペールエール(India Pale Ale)の略称で、ペールエールのホップの香りや苦みをさらに強めたビールスタイルとなります。

ペールエール系なので上面発酵ビールになります。

IPAの発祥

かつてイギリスからインドへビールを輸送する際、冷蔵設備はありませんでしたから品質を維持するためにアルコール度数を高めたり、殺菌作用のあるホップを強めたのが発祥で、それでインディアという名前がついているのです。

インディアと名前がついていますが、イギリス発祥のエールビールになります。

近年のIPA

近年のインディアペールエールはアメリカ産のホップを使ってより強烈な苦みとアロマを特徴とするタイプが主流で、日本のクラフトビールメーカーでもそれに影響を受けた製品をよく見かけます。

▼ IPA人気ランキング

https://minbeer.com/beer-ranking/ipa-beer-ranking

IPAに合う料理

IPAと燻製チーズ

※写真右 燻製工房 風の道 スモークチーズセット

インディアペールエールは非常に強いホップのアロマ苦みが特徴のパンチ力のあるビールです。そういった意味でいうとハーブやスパイス、そしてスモーク料理など、やはりクセのある食べ物がおすすめとなります。

また柑橘系の香りやフレバ―が強いことから、鴨のオレンジ煮をベストに挙げる方もいる一方、サラダやシーフードなどあっさり系の前菜に合わせてみても意外な相性を発揮します。

これだけ覚えておこう

ハーブやスパイス、スモークの効いた料理がおすすめ

サラダやシーフードなどあっさりした食べ物でもOK