ビールの作り方を教えて!原料と製造方法について

原料

ビールの原料イラスト

水くん

水は「カルシウム・マグネシウム」というミネラルが含まれる含有量によって硬度が定められていますが、淡い色のビールは軟水から、濃い色のビールは硬水から造られます。

カルシウム・マグネシウム以外にもミネラルがありますので、各地域の水の特色によってビールの味が変わってきます。

ホップ

ホップくん

ホップはツル性の植物で、香り付けと防腐剤の役割があります。

ビールの原料には毬花(読み方:まりばな)と呼ばれる花の部分が使用されます。蓮の花のような形の部分です。

ホップが新鮮なうちは、香りと苦味が強く 次第に酸化して薄れていきますので基本的には鮮度の高いホップを使用します。

ホップは粉砕し乾燥させ小さなペレット状にしたペレットホップが主流ですが、最近では生のホップを冷凍して使用するところも出てきました。それもクラフトビールの製造が盛んになり国内にホップ栽培が盛んになりつつあるからでしょう。

ホップの種類も多く存在していて、その種類によって草木の雰囲気、フローラルな香り、グレープフルーツのような香りと色んな香りが現れます。

酵母

酵母ちゃん

酵母は、ビールを発酵させるために欠かせない微生物。糖を分解してアルコールと炭酸ガスを発生させます。酵母の種類によって上面発酵酵母を使ったフルーティーな味わいのエールビール、下面発酵酵母を使ったすっきりした味わいのラガービールと大きくビールが分類されます。

酵母の種類によっても、ビールの味がフルーティーな味わいや甘み・酸味の変化が出てきます。

麦芽

麦芽くん

主に二条大麦(ビール大麦)を使用します。麦を発芽させたものがモルト。発芽させることで麦に含まれているデンプンを糖に変えることが出来ます。チョコレート色に焙煎した麦芽を一部使用したものが黒ビールになります。

ビールの製造工程

製麦

麦を発芽させて乾燥させる工程

浸麦
麦に水を含ませる

浸麦イラスト

発芽
発芽室で発芽させる

発芽の様子イラスト

焙燥
熱風で乾燥させる

焙燥の様子イラスト

仕込み

ミル(粉砕)
麦芽を砕く

ミル(粉砕) の様子イラスト

糖化
温水に砕いた麦芽を浸すことで酵素によりデンプンが糖に変わる

糖化の様子イラスト

濾過
糖化液(糖化した液体)を濾過する

濾過の様子イラスト

煮沸
ホップを加えて煮沸する

煮沸の様子イラスト

発酵

発酵
発酵させることで糖がアルコールと炭酸ガスに分解される

発酵の様子イラスト

貯蔵
0度近くに保って熟成させます

貯蔵の様子イラスト

濾過(ろか)

濾過
発酵が終わった酵母やタンパク質を取り除きます

濾過の様子イラスト

充填
瓶や缶、タンクに詰められて出荷されます

濾過の様子イラスト

イラストレーター Aoi