シェアする

クラフトビールの種類と、それに合う料理やおつまみも教えます!

シェアする

クラフトビールの種類を覚えよう

近年盛り上がりを見せているクラフトビール。週末にもなると様々な商業施設で各地、各国の銘柄を紹介、試飲できるイベントが開催されていますし、それなりに有名なものになるとスーパーやコンビニでも気軽に購入することができるようになっています。

飲食店でも以前なら大手のビールしか取り扱わなかったのに、最近はマイナーなビールを楽しめるようになっています。

この記事では、ビールの種類(スタイル)や特徴など基本的なことを書いています。クラフトビールをもっと知って美味しいクラフトビールをどんどん味わっていきましょう。

クラフトビールとは一体どのようなもの?

まずクラフトビールとはどういったものかということですが、大手の企業、誰もが思い浮かべるアサヒやサントリー、キリンやサッポロと違って小規模ながらこだわりある製造過程、場合によっては採算をあまり考えない製品(!?)をリリースしている醸造所によるビール、ということになります。

ちなみにクラフトとは手工芸品のことで、クラフトビールには職人による優れた作品という意味も込められており、たいへんバラエティーに富んだ個性的な味わいを楽しめるのです。

また必ずしも小規模だけでなく大手などでも期間限定などで素晴らしい銘柄を製造することがあり、特にヨーロッパではそれが顕著です。

ビールの種類

実はビールには非常に多くのスタイルが存在します。ここでいうスタイルとは「〇×スーパードライ」、「△□一番搾り」といった銘柄名のことではなく、ジャンルのことを指します。

ビールの種類(スタイル)を覚えるとレストラン、ビアバー、海外でビールを飲むときなど色んなビールに出会うシーンで、ビールを一層楽しめる機会が随分増えます。

文章を読み飛ばしちゃう人のためにワンポイントアドバイスも入れています。そちらでも十分にクラフトビールの知識を手に入れることが出来ます。

以下の記事で各ビールスタイルの意味や特徴、料理とのペアリング、おすすめビールをご紹介しています。