登録クラフトビール数 827件 口コミ数 680

ベルジャンホワイトビールおすすめ銘柄。フルーティさとスパイスアクセントが最高

ベルジャンホワイトとは

ベルジャンホワイト

ビール大国ベルギーの小麦の白ビール。ベルジャンスタイルホワイトとも言います。

白ビール特有のフルーティさに加えてコリアンダーオレンジピールのスパイスアクセントのある味わいが特徴です。

小麦によるさわやかな酸味があり、ホップの香りはほとんど感じることは出来ません。

外観では、ドイツの白ビールヴァイツェンと同様、淡色で白濁しています。注ぐ際には、沈殿した酵母やオレンジピールがグラスに入るよう最後あたりは軽く混ぜて注ぐとよいでしょう。

ベルジャンホワイトとヴァイツェン、ホワイトエールとの違い

ベルジャンホワイトは、ホワイトエールの中の1つのスタイルで、

ドイツの白ビールがヴァイツェン

ベルギーの白ビールがベルジャンホワイト

と覚えておけばいいでしょう。

味の違いとしては、ドイツのヴァイツェンはフルーティでバナナ風味が強く、ベルギーのベルジャンホワイトは、フルーティでコリアンダーとオレンジピールの風味があります。

ベルジャンホワイトおすすめ5選

ヒューガルデン

ホワイトエールのお手本とも言えるフルーティーな味わい

ヒューガルデン(hoegaarden)とはそもそも村の名前で、非常に古くからホワイトエールを生産していた場所でしたが20世紀中盤に一回その流れが途絶えてしまいます。

しかしピエール・セリス氏が1965年に再び伝統の味を再現、昔を懐かしむ人々だけでなく新しい感覚として若者にも受け、再びホワイトエールは世界的ブームになりました。

日本でも手に入りやすいベルギービールで、アサヒビールが輸入しています。フルーティで飲みやすさがありますし、オレンジピールの風味も効いてどんどん杯が進みます。

ヒューガルデンの特徴

小麦主体のフルーティーなライトボディに相性のよいオレンジピールの香りがとても素晴らしく、またどことなくコリアンダーによるスパイシーな隠し味も見え隠れ。

すっきり爽快な気分にさせてくれるホワイトエールの教科書的な味わいです。

酵母が沈殿しているので、飲む際には注ぐ際に軽く振って混ぜるとまろやかな味わいになります。

みんびあマン
みんびあマン

ライトでフルーティーなのでビールが苦手な人の価値観を変えてしまいます。

ヴェデット エクストラホワイト

ヴェデット エクストラホワイト

万人受けする酸味と飲みやすさ、透明感あるボディ

デュベルで有名なデュベル・モルトガット醸造所からリリースされる「ヴェデット・エクストラホワイト」は、やはりベルギーを代表する銘柄で、爽やかな酸味が万人受けする素敵なホワイトエールとなっています。

ヴェデット エクストラホワイトの特徴

ホワイトエールによくあるスパイシーな雰囲気は少し抑えられており、オレンジやレモン、バナナなどのフルーツテイストを高めてあるのが特徴です。飲み干した後の酸味の抜け感は非常になめらかで、また一杯と進んでしまいがち。

みんびあマン
みんびあマン

冷やして飲むとジュース感覚を楽しめます。

ブルームーン

オレンジの風味がほのかに漂うアメリカでも大人気のホワイトエール

アメリカで発売開始以来ライトで軽い口当たりが特徴のホワイトエールとして瞬く間に人気が沸騰。

現在は日本のコンビニでも気軽に手にすることができるようになったクラフトビールがこの「ブルームーン」で、コリアンダーやオレンジの風味を漂わせるホワイトエールとなります。

ブルームーンの特徴

コリアンダーによるスパイシーさ、そしてオレンジピールによる風味は小麦のフルーティーテイストと相性が高く、サーっと飲み込んでいけます。

ライトなボディは冷やして飲むのがおすすめですし、カクテルの様にグラスにオレンジガーニッシュを添えて楽しむ方もいるのです。

みんびあマン
みんびあマン

サッパリしたい時はこのライトなボディ、フルーティーな味わいはもってこいです。

白濁(しろにごり)

コンビニやスーパーでも手に入りやすいベルジャンホワイトビール。

白濁した香りを最後まで楽しんで欲しいという意味を込めてパッケージが逆さになっているユニークさも面白い。

日本ビール株式会社から販売される白濁(しろにごり)は同会社のオリジナルビールですが、製造はベルギー、つまりは本場の技術でしっかりと仕込まれたホワイトエールとなります。

濁るという字は結局フィルターを通さないことで製品に含まれる澱や酵母こそ味わいの特徴であることを強く意識しているからで、通常の缶ビールとプルタブが上下あべこべになっているのも底に溜まりがちなその旨みを楽しんで欲しい、といった気配りの産物なのです。

白濁の特徴

価格は決して高価ではないのですが、ホワイトエールに欠かせないハーブ、スパイス系の隠し味がしっかりと舌に伝わり、また柑橘系とフローラルな香りが混ざり合ったようなエレガントなテイストも強く、コストパフォーマンスに優れた逸品であることを証明してくれます。

みんびあマン
みんびあマン

本格的なホワイトエールをリーズナブルに楽しみたい方にはぜひおすすめしたいです。

水曜日のネコ

毎週飲みたくなる、軽い味わいのエールビール

よなよなエールをつくるヤッホーブルーイングがお届けするベルギースタイルの白ビール。

開封したとたん、青リンゴやオレンジの皮の香りが口まで届きます。

水曜日のネコの印象は、青りんごや、果汁たっぷりのマスカットを思わせる上品でほんのり甘い香り。

パッケージを見ると原材料にオレンジピールが入っています。いずれにしても、ライトで香り豊かなビールです。

そして、グビグビと飲めるライトな味わい。

確かに週中の水曜日でも軽い気分で飲めて気持ちよく酔っぱらえるアルコール飲料のようです。

ベルギービール ガイドメニュー