登録クラフトビール数 827件 口コミ数 680

ドイツ南部発祥の白ビール「ヴァイツェン」おすすめ銘柄

ヴァイツェンとは

ヴァイツェンとはドイツ語で小麦という意味で、通常モルトは大麦を使用しますがヴァイツェンでは小麦モルトを半分以上使用したドイツ南部発祥の白ビールです。エールビールに分類されます。

ヴァイス(ドイツ語で白の意味)ビアと呼ばれることもあります。

香りは非常にフルーティでヴァイツェン酵母によるバナナクローブが特徴。苦味が少ないため、ビールが苦手な方でもヴァイチェンなら飲めるという方も多いです。

外観は、酵母によって小麦のタンパク質がうっすらと白濁していて特に無濾過のものはヘーフェ(酵母の意)ヴァイツェンと呼ばれています。

味わいは、まろやかでやはりバナナを想わせます。

飲む前に瓶を転がしたり、注ぐ最後あたりに混ぜたりすることで沈殿した酵母を瓶に残さないような工夫をするのがポイントです。

ヴァイツェンとホワイトエールとの違い

ホワイトエールは、白ビールとほぼ同意語で小麦を使ったビール全般を指します。

ホワイトエールの種類の中に

ドイツ南部発祥の白ビール=ヴァイツェン

ベルギー発祥の白ビール=ベルジャンホワイト

があります。

ヴァイツェンおすすめ銘柄

シュナイダーヴァイセ オリジナル

シュナイダーヴァイセ オリジナル

醸造所のフラッグシップになる定番製品

ドイツ国内でもひと際小麦ビールの伝統がある醸造所による本銘柄は、イコール醸造所の歴史と言っても過言ではない存在感を発揮しており、今でも人々に愛されているのはもちろん国際的なコンテストでも高評価を受けているのです。

シュナイダーヴァイセ オリジナルの特徴

少し濁ったマホガニー色は酵母がしっかり残っているからで、立ち込める香りはフルーティー。

しかし口に含むとヴァイツェンらしいバナナ的な甘みは控えめでナッツやスパイシーな雰囲気、そして苦みをはっきりと感じるのです。

みんびあマン
みんびあマン

ヴァイツェンのフルーティーな甘さが実際料理と合わせるのってどうなの?と感じていた方はこの製品をおすすめします。

シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン

南ドイツのバイエルン地方のローカルなものであった白ビールを、全ドイツに広めた立役者ともされるのがこの「シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン」となります。ドイツでも非常に人気のあるビールです。

なめらかで軽快な口当たりは小麦ビールのシャンパンとも呼ばれるほどで、元々ビールが苦手であった方をも虜にしてしまうのです。

シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェンの特徴

濁りのある薄黄色のリキッド、そして泡はかなりきめ細かく、なめらかな舌触りが特徴となってます。

バナナジュースのような香りとシトラス、それにほのかなスパイシーアロマが絶妙なバランスで存在しており、どんどん杯が進んでしまう飲みやすさです。

みんびあマン
みんびあマン

ビール苦手な人に是非味わって欲しいフルーティで飲みやすいヴァイツェンです。

エルディンガー ヴァイスビア ヘーフェ

1935年にミュンヘンから少し離れたエルディングにて醸造を行っているのがエルディンガー・ヴァイスブロイで、「ヴァイスビア ヘーフェ」は同社の代表格、ドイツでもトップと言ってよいほどの知名度を誇る銘柄なのです。

 エルディンガー ヴァイスビア ヘーフェの特徴

もっちり系の泡立ちはよく、優しい感触と甘い香りが特徴です。

味わいは小麦ビールらしくバナナ系のフルーティーで酸味のある感じで、すっきり爽やかな気分にしてくれますし、喉越しは心地よくどんどん飲めてしまうタイプです。

みんびあマン
みんびあマン

流通も拡がっているので気軽にヴァイスビアを飲んでみたい方は気軽に飲んでみましょう。

エーデルワイス スノーフレッシュ

 アルペンハーブをブレンドした香り豊かなビール

オーストリアのホフブロイ・カルテンハウゼン醸造所は、ドイツに勝るとも劣らない良質の小麦系ビールを醸造。

上品で可憐なイメージを持つ花エーデルワイスを、そのままネーミングに使用した製品がこの「エーデルワイス スノーフレッシュ ヴァイスビア」となります。

エーデルワイス スノーフレッシュ ヴァイスビアの特徴

濾過していないこともあって薄雪のように白濁としたリキッドはさすがにヴァイスビアらしく、またバナナのような香りも漂います。

多少キレのあるテイストですが爽やかな雰囲気が先行、グイグイ杯が進みます。加えて6種類のハーブが使用されており、複雑なアロマを醸し出しています。

みんびあマン
みんびあマン

エーデルワイスのイメージ通り上品なテイストのヴァイスビアとなります。

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア ヘル

フルーティーでマイルドな優れたバランスを堪能できるヴァイツェン

王朝の末裔が経営する醸造所による伝統のヴァイツェンスタイルの「ヴァイスビア ヘル」は、2008年にワールドビアアワードで金賞を受賞した経歴を持つ優れたバランスが特徴の銘柄となります。

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア ヘルの特徴

グラスに注ぐとかすみがかった鈍くてトーンの抑えたオレンジ色にモチモチの泡が発生、そしてフルーティーな香りが漂います。口に含むとフルーティーなのですがどことなくトロピカルフルーツのような味わいがあり、苦みは控えめ。マイルドで飲みやすい銘柄です。

みんびあマン
みんびあマン

料理に合わせても良いですし、そのままゴクゴク飲むのもおすすめ。いつでも楽しめるビールです。

常陸野ネスト ヴァイツェン

常陸野ネスト ヴァイツェン

フルーティーな香りが特徴のヴァイツェンビール

海外でも人気の、ネストビールの中でも、フルーティーな香りが特徴のクラフトビールです。

ゆっくりと時間をかけて、特殊な酵母を使い、作られたビールです。

ドイツの農林省から、二年連続金メダル受賞している、本格的バイツェンビールです。

 常陸野ネスト ヴァイツェンの特徴

バナナやクローブの様な、フルーティーな香りがして、とても飲みやすいです。
女性が間違いなく好きなお味だと思います。

ビールの色自体は、グラスに注ぐと、少しオレンジがかった色をしていて、蜂蜜の様な甘みがあります。

みんびあマン
みんびあマン

苦味が少なめで、フルーツのような香りがするので、ビールが苦手な方にもおすすめです。