登録クラフトビール数 797件 口コミ数 678

トラピストビールとは?トラピストビールのおすすめ銘柄

トラピストビールの種類

トラピストビールとは

トラピストビールの種類

トラピストビール(英語:Trappist beer)とはトラピスト会というカソリック修道院で作られるビールです。

 

トラピスト会は、正式には厳律シトー会※ という名前で世界には男子修道院99、女子修道院73が存在しています。(2016年)男子修道院をトラピスト 女子修道院をトラピスチヌ(トラピスチン)と分けて呼ばれることもあります。

※フランスのブルゴーニュ地方にあるシトー修道院がルーツでトラピストも地名から命名されています。

 

日本のトラピスト修道院

日本にもトラピスト修道院があり、函館にある「厳律シトー会 灯台の聖母トラピスト修道院」は日本初のトラピスト修道院です。

当修道院は、トラピストなので男性のみが入会できます。ローマ・カトリック教会の洗礼を受けて3年以上、20〜45歳の独身男性、生涯独身の決意があるもの など他にも色んな決まりがありますが、相当な決意がないと入会できないようです。

 

<日本のトラピスト修道院>

函館 灯台の聖母トラピスト修道院

大分 お告げの聖母修道院

 

<日本のトラピスチン>

函館 天使の聖母トラピスチヌ修道院

栃木 那須の聖母修道院

兵庫 西宮の聖母修道院

佐賀 伊万里の聖母修道院

大分 安心院(あじむ)の聖母修道院

 

修道院では何をするのか?

引用:灯台の聖母トラピスト修道院 修道院の一日

 

トラピスト修道院では、集団生活で 聖なる読書教会の祈り労働 の3つを行っています。

 

朝は3時30分に起床。4時台に黙祷、読書の祈り 午前の労働 昼食 午後の労働 と祈りと労働を繰り返し 8時台に就寝 と規則正しい(やや早起き過ぎ?) な生活を送ります。

 

その労働の中には食品の製造などを行うこともあり、函館の灯台の聖母トラピスト修道院では発酵バターやクッキー、ソフトクリームなどを製造して一般販売も行っています。

トラピストバター、トラピストクッキーは北海道のお土産としてもメジャーな存在です。

トラピストバター

トラピストバター

 

 

トラピストクッキー

 

トラピスト修道院製品で得た利益は、施設の修繕や運営費、あるいは慈善団体への寄付に使われます。トラピストビールも同じように非営利で行われています。

 

修道院でなぜビール?

なぜ厳粛な修道院でビールを製造するようになったのでしょうか?

 

起源は8世紀までさかのぼります。ヨーロッパの父と呼ばれるフランク王国のカール大帝は、ビールが大好きで修道院にビール製造所を併設させました。

理由はビールが大好きというだけではありませんでした。当時の水は不衛生で疫病が流行らないためには煮沸されていて安全なビールを飲む ということが解決策の一つでした。

ですので、修道院にビールを造らせて人々に飲ませることで病気にならない安全で神聖な飲み物を提供。そして、キリスト教を普及することが出来たのです。

 

トラピストビールおすすめ銘柄

トラピストビールは、新しく参加したり辞めたりと製造所の数も場所も変わるのですが、現在は11箇所のトラピストで製造されています。

トラピストの味は、それぞれの修道院によってレシピが異なるので上面発酵のエールビールでハイアルコール・長期保存が出来るようなビールが多い傾向にあります。

オルヴァル修道院 オルヴァル(ベルギー)

 トラピストビールの最高峰

修道院の作り上げるトラピストビールの中でも特に複雑でリッチなテイストを特徴とするのがこのオルヴァルとなります。2次発酵の際に袋詰めのホップを漬け込むいわゆる「ドライホッピング」という工程を経ることでホップの個性が際立つビールに仕上げており、つまりはフルーティーだけではない複雑な味わいを実現しているのです。

 オルヴァルのレビュー・味の特徴は?

トラピストビールの中でもホップの香り、苦みが強いのでパンチのある飲み当たりであり、喉を通り過ぎた後にもしばらくその残り香が漂います。コクも強めですがまろやかな舌触りでもあるのでクセの強さはそれほど感じず、バランスの良い銘柄と言えるでしょう。

みんびあマン
みんびあマン

深いコクと苦みのあるエールビールを探している人には強くおすすめできます。

 

 

スクールモン修道院 シメイ(ベルギー)

 ビール製造で著名だった神父考案のトラピストビール

修道院が製造するトラピストビールの中でも特に世界的に名の知れ渡っているシメイ。そのラインナップの中でラベルがクリーム色のものを「シメイ・ホワイト」と呼ぶのですが、これはビール製造で著名だったテオドール神父が1966年に考案して誕生した経緯があります。

 

 シメイ・ホワイトのレビュー・味の特徴は?

ブドウに似たフルーツ香が出ており、飲み込むと鼻までその香りが抜けていき、その後はホップによる適度な苦みが出てくるので締まりある味わいとなっています。シメイシリーズの中では最もドライなテイストと言えるでしょう。

 

シメイ・ホワイト
ビール製造で著名だった神父考案のトラピストビール
4/5 (3)
シメイ・ゴールド
門外不出のビールを製品化
4/5 (2)
シメイ ブルー
濃厚なボディながらエールらしいフルーティーな味わい
5/5 (1)

 

アヘル修道院 アヘル(ベルギー)

 バランスの良い仕上がりで飲みやすいトラピスト

アヘル醸造所は、同名の修道院内にある施設であり、いわゆるトラピストビールを製造しています。

またパブも設営、トラピスト系修道院でビールが飲める唯一の存在でもあるのです。「アヘル・ブロンド」は白金色のフルボディタイプの味わいが特徴で、華やかな香りが漂う飲みやすいビールとなります。

 

 アヘル・ブロンドのレビュー・味の特徴は?

グラスに注ぐとフワッとフローラル、そして柑橘系の爽やかな香りが立ち込めます。

飲むと麦芽の旨みと甘味がしっかりしており、また酸味や苦みもバランス良く備わっており、飲みごたえはありますがしつこくなく、アルコール度数8%といった数字もあまり意識しないのです。

 

みんびあマン
みんびあマン

バランスの良い仕上がりですので、初心者から上級者まですべての方におすすめできます。

 

 

アヘル・ブロンド
バランスの良い仕上がりで飲みやすいトラピスト
4/5 (1)
アヘル・ブラウン
アヘル・ブロンドより酸味を抑えてあるのでさらにじっくり味わえる

 

 

サン・レミ修道院 ロシュフォール(ベルギー)

 アルコール度数9.2%だが飲みやすい

「ロシュフォール8」はアルコール度数が9.2%と高い銘柄で、やはり甘みや深みが混交した濃厚な味わいを楽しめます。強いですがエグみなどは一切なく、意外と飲み進みやすいボディ感でもあります。

 

 ロシュフォール8のレビュー・味の特徴は?

リキッドはロシュフォール6よりもさらに濃いブラウンといった感じで、熟成したフルーツのような甘い香りがします。飲んでみるとレーズンやプラムのようなアロマ、そしてしっかり苦みを感じ取れ、余韻もじっくりと楽しめるアフターテイストとなります。

 

ロシュフォール6
修道院内で一番ライトな位置付けだが濃厚な風味を特徴とする
ロシュフォール8
アルコール度数9.2%だが飲みやすい
5/5 (2)
ロシュフォール10
伝統に則ったハイアルコールなトラピストビール
3/5 (2)

 

 

ウェストマール修道院 ウェストマール(ベルギー)

 トリプルを知らしめた記念的トラピスト

アントワープの郊外、周囲は森林という自然豊かな環境にあるウェストマール修道院では、古くからビールを醸造しており、高い品質は世界中に知れ渡っています。「ウェストマール・トリプル」は度数によってシングル、ダブルというように名称を変えていく中、トリプルという名前を世に知らしめた製品で、淡い黄金色、強いアルコール度数を特徴としています。

 

 ウエストマール・トリプルのレビュー・味の特徴は?

オレンジに近い黄金色、トップに生まれるもっちり系の白い泡は何とも上品で、まずは目で楽しませてくれます。飲んでみるとバナナ、そしてクローブのような味わいは濃度が高くて飲みごたえがあり、甘味と苦みが交互に口の中にやってくるのが面白いです。

みんびあマン
みんびあマン

高いアルコール度数に耐性のある方はぜひ飲んでみましょう。

 

 

ウエストマール・トリプル
トリプルを知らしめた記念的トラピスト
4.5/5 (2)
ウエストマール・ダブル
香りは強いが意外にサラッと飲める味わい

 

 

シント・シクステュス修道院 ウェストフレテレン(ベルギー)

Amazonで探す 楽天市場で探す

 

スティフト・エンゲルスツェル修道院 ベノー / グレゴリアス(オーストリア)

ベノー
オーストリア唯一のトラピストビール製造修道院による逸品
5/5 (1)

 

トレ・フォンターネ修道院 トレ・フォンターネ(イタリア)


Amazonで探す 楽天市場で探す

コニングスホーヴェン修道院 ラ・トラップ(オランダ)

ラ・トップ

 

マリア・トゥーフルフト修道院 ズンデルト(オランダ)

ズンテルト トラピスト
オランダに誕生した新しいトラピストビール

 

セントジョセフ修道院 スペンサー(アメリカ)

スペンサー

Amazonで探す 楽天市場で探す

 

ベルギービールメニュー