登録クラフトビール数 797件 口コミ数 679

IPAビールとは?IPAおすすめ銘柄10選をわかりやすく解説。どハマり注意!

IPAとは

ホップ

ポップの収穫

IPAとは、インディアペールエール(India Pale Ale)の略称で、ペールエールのホップの香りや苦みをさらに強めたビールスタイルとなります。

ペールエール系なので上面発酵ビールになります。

 

IPAの発祥

かつてイギリスからインドへビールを輸送する際、冷蔵設備はありませんでしたから品質を維持するためにアルコール度数を高めたり、殺菌作用のあるホップを強めたのが発祥で、それでインディアという名前がついているのです。

インディアと名前がついていますが、イギリス発祥のエールビールになります。

 

近年のIPA

近年のインディアペールエールはアメリカ産のホップを使ってより強烈な苦みとアロマを特徴とするタイプが主流で、日本のクラフトビールメーカーでもそれに影響を受けた製品をよく見かけます。

 

 

IPAおすすめ10選

グースIPA

クラフトビールマニアみんびあマンが選ぶIPAビールおすすめ銘柄5選。

ストーンIPA

ストーンIPA

アルコール度数6.9%

 

ガーゴイルのイラストで有名なストーンブルーイングは、アメリカのみならず世界で今日ブームとなっているクラフトビールに多大な貢献をした醸造所で、その魅力はインディアペールエールのガツンとくるホップのインパクトです。

 ホップの魅力を強烈に感じさせるビール

90年代創業ながら今ではアメリカクラフトビール界でも屈指の存在に成長したストーンブルーイングの代表銘柄がこの「ストーンIPA」となります。ガーゴイルのロゴが不気味ですが、個性的でパンチがあり、そして複雑なアロマが楽しめる非常にバランスの良いビールです。

 

 ストーンIPAのレビュー・味の特徴は?

シトラスや柑橘系の爽やかな香り、甘さを感じる飲み口ですが、飲んだ後にやってくる複雑で力強い苦みは非常にパンチがあります。濃厚でありキレも炸裂するユニークな味わいはアメリカや日本はもちろんヨーロッパでも大人気となっています。

 

みんびあマン
みんびあマン

現在主流のインディアペールエールの味わいを知りたいならおすすめの銘柄です。

グースIPA

 ホップの強さはあるが飲みやすいIPA

シカゴのクラフトビールメーカー、グースアイランドは美味しいビールを作るためであるなら何でもOK、という企業です。しかし「グースIPA」は端々にこだわりを感じさせるのですがライトな口当たり、飲みやすさを意識している銘柄でもあるのです。

 グースIPAのレビュー・味の特徴は?

フルーティーでホップのアロマがしっかり、もちろん苦みも強いのはIPAですので当然なのですが、最近のハードなIPAと比較すると決して極端なことはなく全体的にまとまりがあります。普段IPAを嗜む方だとスーッと入っていくでしょう。

 

みんびあマン
みんびあマン

まろやかで多少苦みは目立つも飲みやすいIPAです。カレーやチーズと合いますよ。

 

 

パンクIPA

アルコール度数5.6%

 

2007年創業ながら野望と革新、情熱によって非常にパンチのある製品をリリースするブリュードッグブルワリー。すでにオフィシャルのバーが六本木に登場するなど破竹の勢いでビール愛好家に受け入れられています。

また採算を度外視したホップの使用量でも知られています。

 こだわりのホッピングで苦みとフレッシュさを獲得

「パンクIPA」は仕上げにドライホッピングを施すなど、ホップの扱いにとことんこだわった柑橘フレバーの強いインディア・ペールエールで、会社の代表銘柄となっています。

 

 パンクIPAのレビュー・味の特徴は?

本製品はユニークな名前でアナーキーな味わいかと思いきや繊細な仕上がりが魅力なインディアペールエールです。

シトラスの香り、そしてそれ以上にグレープフルーツのようなフレバ―が強く、最初の口当たりはかなりフルーティ。

飲み終えた後はホップの苦みもしばらく漂いますが、クセは少なく自然に薄まっていくのでそれほど目立ちません。

 

みんびあマン
みんびあマン

ブリュードッグブルワリーからはパンクIPA以外にもユニークな名前のビールが多数リリースされています。

 

 

ラグニタスIPA

アルコール度数6.2%

 

カリフォルニアのペタル―マのラグニタスブルーイングがリリースする本製品は、強いホップのアロマと苦みがありながらも、酵母由来の甘味、麦の味わい、酸味などすべてがバランスよくまとまった飲みやすいIPAとなります。

 雑味のない複雑さ、フルーティーテイストがよく分かる

カルフォルニアはペタル―マ、広大な農場が拡がるエリアにて優れたビールを製造し続けているラグニタスブルーイングで、同社の「ラグニタスIPA」はモルトの味わい、ホップの苦み、その他フルーティーなテイストのすべてが調和のとれた定番商品となります。

 

 ラグニタスIPAのレビュー・味の特徴は?

パイナップルやオレンジ、グレープフルーツなどが合わさったような複雑なフルーティーテイスト、そして爽やかな酸味としっかりした苦みを特徴とします。ただしそこまで苦みが強いわけではなく、バランスの良さを満喫できる製品です。

 

みんびあマン
みんびあマン

アメリカのIPAの中でも屈指の販売量を誇ります。

ヴェデット エクストラIPA

 代表的ベルギービールメーカーが提供する新しいIPA

伝統に裏付けされたゴールデンエールだけでなく、現代のライフスタイルに合わせたプロモーションを積極的に行うデュベル・モルトガット醸造所。「ヴェデット・エクストラIPA」はヴェデットらしい爽やかな甘みとホップのパンチある苦みが一緒に楽しめる製品で、多くの世代に受け入れられています。

 

 ヴェデット エクストラIPAのレビュー・味の特徴は?

フルーティーな香りとホップのアロマがとても豊か、品のよい甘味とパンチある苦みがバランスよく成立しています。フローラルでグレープフルーツ系の香りはIPAらしく、しかし爽やかな飲み口はヴェデットのそれでありハイブリッドな味わいと言えるでしょう。

 

みんびあマン
みんびあマン

IPAは力強い飲みごたえが特徴ですが、こちらは爽やかに楽しむことができる逸品です。

スワミズIPA

 世界的にファンを持つスッキリしたIPA

カリフォルニアはソラノビーチにてピッツァとフライドチキンのお店として始まったピッツァポートは、その後ビールを製造するようにもなり、現在では世界中にファンを抱えるクラフトビールメーカーに成長しています。「スワミズ IPA」は食事に最適、そのまま飲んでも素晴らしい万能タイプの製品で、同社の定番となります。

 

 スワミズIPAのレビュー・味の特徴は?

グラスに注ぐと柑橘系、松ヤニなどの香りが強く漂いホップが上質であることがよく分かります。爽やかな味わいでモルトの香ばしさも存在、飲み干した後にはかなり強めの主張ある苦みが残りますがスッキリともしたフィニッシュ。

 

みんびあマン
みんびあマン

ピッツァやチキン料理などと合わせると特に美味しく飲めます。

アンチヒーローIPA

 アンチヒーロー、我が道を行く醸造所のフラッグシップIPA

大きな拳がトレードマークのレボリューション・ブルーイングのフラッグシップとなるのがこの「アンチヒーローIPA(Anti-Hero IPA)」です。

4種類のホップが織りなすハーモニーは強烈な香りと苦みをもたらし、我が道を行くブルワリーの姿勢がよく感じ取れるのです。

 

 アンチヒーローIPAのレビュー・味の特徴は?

グラスに注ぐと少し濁った黄色のリキッドに白い泡が出現します。香りはグレープフルーツやパイナップルのような酸味が気持ち良いフルーツ系で、かなり強いです。

味わいもフルーティーさが強く感じられますがビスケットのような優しいモルト風味も見え隠れ。フィニッシュは主張ある苦みですっきりしたアフターテイストをもたらしてくれ、飲んで楽しいビールです。

 

みんびあマン
みんびあマン

ホップの厚みが素晴らしく、それでいて飲みやすいので多くの方におすすめできます。

 

 

インドの青鬼

アルコール度数7.0%

 

インドの青鬼のクラフトビールメーカー「株式会社ヤッホーブルーイング」これまたインドの青鬼という名前のビールを作るビール会社ですから大変ぶっとんだ会社さんです。

絶対に美味しいビールを作るんだ!!という気持ちが前のめりしています。

 

日本にも数々のインディアペールエールが存在しますが、販売経路、価格、そして味わいとすべてが及第点をクリアしたのが本製品で、コンビニなどでも気軽に購入できる本格的IPAとしてまだ未経験の人には強くおすすめしたいです。

コクとフルーティさと苦味の3者が同時に主張してきて、またそれがバランスを保っている贅沢さを感じるクラフトビールです。

 

 

みんびあマン
みんびあマン

とにかく入手しやすくリーズナブル、そしてIPAとしてしっかりした味わいが楽しめます。

 

 

グランドキリン IPA

 

 苦味と柑橘系の爽やかさのバランスが絶妙!

国産麦芽と希少ポップを使用した香り際立つクラフトビールです。一手間かけた「ディップポップ」という製法で作られています。IPAならではの苦味と柑橘系の爽やかさが上手く調和されているクラフトビールです。

 

 グランドキリン IPAのレビュー・味の特徴は?

IPAにある苦味が特徴ですが嫌味な苦さはありません。フルーティでスッキリとした味わいが特徴です。フルーツグレープピールの香りが鼻から抜けてまた飲みたくなり、クセになる一品です。
日本人好みに仕上がっていて和食にも合うIPAです。

 

みんびあマン
みんびあマン

IPAは、苦味とコクがあり大好きな人と苦手な人に分かれがちですがグランドキリンのIPAは中でも飲みやすいIPAです。はじめてIPAに挑戦する方におすすめです。

 

 

常陸野ネスト ジャパニーズクラシックエール

 杉の香りが漂うインディア・ペールエール

日本にビールが入ってきたのは江戸時代末期とも言われていますが、当時の製法に思いを馳せて杉製の樽にて醸造したインディア・ペールエールがこの「常陸野ネスト ジャパニーズクラシックエール」となります。

 

 常陸野ネスト ジャパニーズクラシックエールのレビュー・味の特徴は?

インディア・ペールエールらしいカッパー色のリキッドからは柑橘系の香り、そしてそれ以上に杉の香りが漂って和の雰囲気を感じさせてくれます。味わいはモルトの風味をしっかり楽しめるイングリッシュスタイルに近いですが、鼻抜けするアロマにも杉の要素があるのでユニークです。

 

 

 

IPAに合う料理

IPAと燻製チーズ

※写真右 燻製工房 風の道 スモークチーズセット

インディアペールエールは非常に強いホップのアロマ苦みが特徴のパンチ力のあるビールです。そういった意味でいうとハーブやスパイス、そしてスモーク料理など、やはりクセのある食べ物がおすすめとなります。

また柑橘系の香りやフレバ―が強いことから、鴨のオレンジ煮をベストに挙げる方もいる一方、サラダやシーフードなどあっさり系の前菜に合わせてみても意外な相性を発揮します。

これだけ覚えておこう

ハーブやスパイス、スモークの効いた料理がおすすめ

サラダやシーフードなどあっさりした食べ物でもOK

 

IPAの種類

IPAのビールスタイルもさらにいくつかに分かれます。ビールの特性で分ける場合もあれば、地域で分ける場合もあります。

 

インディアペールエール(IPA)

IPA全体を指します。通称、IPA(アイ・ピー・エー)。読み方はイパではありません。イギリス発祥の上面発酵ビール(エールビール)のペールエールのホップを強めたビールスタイル。

インディアペールエール(IPA)一覧

 

インペリアルIPA

インペリアル・IPAを略するとIIPAとなることからダブルIPAとも呼ばれます。アメリカ発祥のビールスタイルでIPAのホップを更に強化したIPAになります。ホップを大量に投入することで生まれる強烈な苦味が特徴。

インペリアル(Imperial)とは皇帝の意味で強いビールという意味を込めて付けられています。

 

インペリアルIPA

 

セッションIPA

セッションとつくスタイルは、そのスタイルを維持したままアルコール度数を下げたもの。つまりセッションIPAは、IPAの特徴であるホップの香り、苦味をそのままに低アルコールにしたビールスタイル。

フルーティーで柑橘系の苦味があり低アルコールというバランスが女性にも人気で国内でもグランドキリン ギャラクシーホップ、ヤッホーブルーイング 軽井沢高原ビールなどが2016年に期間限定で販売していました。ぜひ国内でも定番化してほしいビールスタイルです。

 

セッションIPA一覧

 

トリプルIPA

ダブルIPAよりもさらに強烈なIPAということでトリプルIPAというスタイルが出現。トリプルIPAは各ブルワリーによって定義が異なるようで苦味の強さを示すIBU値がダブルIPAよりも低い場合もありますが、全般的にはIBU値が高くハイアルコールになるようです。

 

トリプルIPA一覧

 

ベルジャンIPA

苦味が特徴のIPAにフルーティーな香りが特徴のベルジャンビール酵母を使ったのがベルジャンIPA。苦味とフルーティーのハーモニーをお楽しみください。

ベルジャンIPA一覧

 

ライIPA

ライ麦の麦芽を使った珍しいIPA。ライ麦パンのようなフルーティーな香りが感じられます。

ライIPA一覧

 

キウイIPA(キィウィIPA)

英語でKiwi IPA。ニュージランドの という意味のKiwiですが、キウイIPAはニュージランド産のホップを使用したIPAになります。

キウイIPA一覧

 

アメリカンIPA

従来のIPAよりもさらにホップのフレーバーと苦味を強めたIPAでアメリカのウエストコースト(西海岸)で生産が盛んでウエストコーストで造られるアメリカンIPAはウエストコーストIPAと呼ばれています。

 

ウエストコーストIPA

アメリカンIPAの一つ。アメリカ西海岸にはクラフトビール醸造所が多くあり、その中にグリーンフラッシュ醸造所があります。グリーンフラッシュの代表作「ウエストコーストIPA」はIPAナンバーワンと言われるほどのクオリティでこのウエストコーストIPAというビールスタイルまで出来ました。

ウエスト・コーストIPA一覧

 

サンディエゴスタイルIPA

アメリカンIPAの一つ。アメリカ西海岸にある南カルフォルニア、サンディエゴ。南はメキシコに位置することで南国のエキゾチックさも感じられ、高級ホテルが建ち並ぶリゾート地でもあります。そんなリゾート地にある

サンディエゴスタイルIPA一覧