登録クラフトビール数 797件 口コミ数 679

イギリス発祥のペールエールビールとは?おすすめ銘柄8選

ペールエールとは

ペールエールとはイギリス発祥のエールビール(上面発酵ビール)で、淡〜濃色の銅褐色のリキッドカラーをしています。

保存性を高めるためにホップも多く使用しているために苦味があります。

ペールエールの特徴

ホップやモルト(麦芽)の香りがしっかりしているのが特徴です。

甘味と苦みがバランスよく両立、また多くの銘柄で泡立ちが控えめ炭酸も弱めとなります。

ペールエールの楽しみ方

爽快感やキレを楽しむのではなく、味わいをじっくり堪能するのが基本的な飲み方で、イギリスのパブなどでは1グラスに30分以上時間をかけて飲むのが一般的です。

ペールエールの意味

ペール(pale)=淡い エール(ele)=上面発酵ビール 元々の由来では、エール=ビールという意味です。

「エール」とは高温で上面発酵させるビールのことを指し、低温の下面発酵のラガーと区別されているのですが、下面発酵タイプのピルスナーが登場する前はエールこそがビールのメジャーなスタイルでした。

日本で最初にビールが浸透したのは幕末~明治時代ですが、この時もイギリス産のエールビールが多く流通していたのです。

ペールエールの種類

イングリッシュ・ペールエール

イギリス発祥のペールエール。イギリス産ホップを使用していてハーブ系の香りがします。モルトの香りもしっかり感じることが出来ます。

アメリカン・ペールエール

アメリカで独自の成長を遂げたペールエール。北米産ホップを使用していて柑橘系の香りがします。モルト感はイングリッシュペールエールに比べると少なくなります。

インディア・ペールエール(IPA)

ホップを大量に投入、苦味と香りが強いビールになります。IPAは北米産ホップを使用したアメリカンIPAが多くグレープフルーツ香、パッションフルーツ香の主張の強い香りのビールが多いです。

イギリス産ホップを使用したイングリッシュIPAは土や草、ハーブといった香りでホップの香りは控えめです。

 

単に「ペールエール」と言うと「イングリッシュ・ペールエール」を指すこともありますし、ペールエールスタイル全体を指すこともあります。

 

ペールエールおすすめ8選

ペールエールランキング

クラフトビールマニアが選ぶペールエールビールおすすめ5選を紹介しましょう。

ロンドンプライド

イングリッシュペールエール アルコール度数4.7%

 

伝統的製法で個性豊かなイギリスのビールを製造するフラーズ醸造所。

1845年創業のフラーズ社の顔ともいえる銘柄がこのロンドンプライドで、柑橘系フルーツと紅茶が混じったような独特の香りが特徴。ターゲット、ノースダウン、チャレンジャーという3種類のホップが使用されています。

味わいも甘味とコクのバランスが非常に優れていますし、ロンドンの誇りと呼べるだけのものがあります。

パブなどでは必ず用意されており、まさに日常的に親しまれている逸品となっています。

 

 ロンドンプライドのレビュー・味の特徴は?

雑味のないエールビール特有のフルーティーな味わいに、ナッツ系、ロースト香をほのかに漂わせたテイスト。飲みやすいのに余韻もしっかり残り、豊かな時間を演出してくれます。またしつこくない酸味が適度な爽快感をもたらしてくれるのも魅力です。

 

みんびあマン
みんびあマン

数々の賞を獲得しているプレミアムビールですが、他のクラフトビールと比較するとかなりリーズナブルに購入できる銘柄です。

 

 

サミエルスミス オーガニックペールエール

 伝統製法、無駄を加えないオーガニックビール

サミエルスミス・オールドブルワリーのあるタドキャスターは牧歌的な光景が広がり、農耕馬をビールの運搬に使うこともあるほどです。「オーガニックペールエール」は有機栽培ホップ、18世紀から使用されている井戸の天然水を用いて醸造している文字通りオーガニックな伝統ビールで、濃厚でまろやかな味わいが特徴となります。

 

 サミエルスミス オーガニックペールエールのレビュー・味の特徴は?

エールらしいフルーティーな香りに木の実のような雰囲気も漂うのですが、これはオーク樽で貯蔵するからです。味はやはりフルーティーでまろやか、後味に酸味と苦みがあり、飲みやすいですがコクは少し強めとなっています。

 

みんびあマン
みんびあマン

人工甘味料や香料などを一切使用しないオーガニックビールですので、自然派の方にもおすすめです。

 

 

ゴールデンアイ ペールエール

 天然素材で生み出された優しい味わい

スコットランドの北部にあるブラックアイルは、小規模のブルワリーとして1998年に創業以来天然素材のみを使用したオーガニックな銘柄を製造し続けています。ゴールデンアイペールエールはクリスタルモルトと小麦を混ぜ合わせて仕込まれたペールエールで、華やかでソフトな質感が特徴となるビールです。

 

 ゴールデンアイペールエールのレビュー・味の特徴は?

鼻を近づけるとペールエールの豊かな香り、フローラルに似た心地よいものが最初に訪れ、飲むと意外なほどマイルドな口あたり。ホップの存在感も多少ありますが、飲み込んだ後にはほのかに甘味が残る複雑さを堪能できます。

 

みんびあマン
みんびあマン

天然素材にこだわる人、また通常のペールエールのクセが少し苦手な人でも大丈夫な香りとマイルドさが特徴です。

 

 

シエラネバダ ペールエール

アメリカンペールエール アルコール度数5.6%

 

醸造所を創立した当時からリリースされている定番商品のペールエール。本製品に限らずアメリカのブルワリーによるペールエールはカスケードホップによる柑橘系、シトラスのアロマが強く、イギリスのペールエールとは少し趣が違うことからアメリカンペールエールとして区別したりすることもあります。

 クラフトビール業界の中でも大成功を収めた醸造所の最重要銘柄

1980年に小さな醸造所として始まったアメリカはカルフォルニア州にあるクラフトビールメーカー【シエラネバダ】が当初から作り続けている最重要銘柄がこの「シエラネバダ ペールエール(Sierra Nevada PaleAle)」で、豊富なホップ使いによる華やかでフレッシュな香りが魅力的なビールです。

シエラネバダはこの製品の成功によりその後様々な銘柄、レストランなどを手掛けるようになり、創業者は現在億万長者になったことでも知られています。

 

 シエラネバダ ペールエールのレビュー・味の特徴は?

アメリカのクラフトビールとなるとホップの香り、苦みといった要素を強めたことが大きな特徴で、今現在のやり過ぎ感のある各銘柄と比較するとマイルドにも感じる味わいです。

しかし爽やかでバランスの良いテイストを今一度確認できる本製品は、小さいな情熱家が業界に嵐を呼び込んだことに思いを馳せることができるのです。

 

みんびあマン
みんびあマン

アメリカのクラフトビール業界を支えてきた醸造所のフラッグシップ。最高のアメリカンペールエールとの声も聞くほどです。

 

 

ファイアロック ペールエール

アメリカンペールエール アルコール度数6%

 

 甘味から苦みへのスムースな変化が楽しいビール

ハワイの中でも人気、クオリティが最高ランクのクラフトビールメーカーのコナブリューイングカンパニーから、強みのある茶色、濃い味わいのペールエールとしてリリースされているのが「ファイアーロック ペールエール」となります。

 

 ファイアロック ペールエールのレビュー・味の特徴は?

ライトなボディで口当たりは穏やかですが、しかししっかりしたコクとカラメル香が確認でき、飲み干すと気持ちのよい苦みが舌に残ります。柑橘系のアロマも漂い、甘さ→苦みという流れがスムースで違和感なく、豊かな味わいの変化を楽しめるのです。

 

みんびあマン
みんびあマン

スムースな味の変化を楽しんだり、食事に合わせたりユーティリティー性が高い製品です。

 

 

志賀高原 ペールエール

ジャパニーズペールエール アルコール度数5.5%

 

大麦からホップまで自家栽培、とことんまでビール作りにこだわる日本のビールブランドである志賀高原ビール。本製品は同醸造所のベーシック製品で、それだけにビール作りに対する姿勢、本質がつまった素晴らしい逸品となります。

 ビールマニアにも評価の高い醸造所の根底を支える逸品

志賀高原の湧水、そして自家栽培の大麦やホップを使って生まれる志賀高原ビールはどの銘柄も非常に高品質です。その中でも「志賀高原 ペールエール」は同社のすべての銘柄のベースともなる味わい、理念が詰まった逸品で、透き通った柑橘フレバ―をじっくりと楽しめるのです。

 

 志賀高原 ペールエールのレビュー・味の特徴は?

鈍い発色のオレンジ色の液体からは豊かなホップの香りがします。飲むとオレンジやグレープフルーツ的なテイストとしっかりした苦みが長く残ります。しかしクセはなくクリアな後味でもあり、料理に合わせたいです。もちろん単品飲みでも楽しめます。

 

みんびあマン
みんびあマン

ホップの苦みがなかなか強いですが、麦芽の風味もしっかり味わえる本格的なペールエールです。

 

 

いわて蔵ビール ペールエール

 

ジャパニーズペールエール アルコール度数4%

 

いわて蔵ビールの本製品はほのかにフルーティーで麦芽の風味がしっかり味わえるペールエールで、イングリッシュペールエールを意識していることが分かります。

 

 穏やかな苦み、ブリティッシュスタイルのペールエール

「いわて蔵ビール ペールエール」は比較的マイルド、フルーティ-で穏やかな苦みが特徴の飲みやすいビールで、華やかなホップの香りでとても心地よくなることができるビールです。インターナショナルビアコンペティションでは銀賞を獲得しています。

 

 いわて蔵ビール ペールエールのレビュー・味の特徴は?

黄色の液体からはフルーティーで華やかな香りがしますし、味わいもほのかな柑橘系フレバ―があります。またまろやかな質感、そしてほんのり添えられたかのような苦みはちょうどいい感じの存在感で、アルコール度数は高くありませんが時間をかけて味わえる麦酒です。

 

みんびあマン
みんびあマン

日本のクラフトビール界ではアメリカンペールエールが主流なようですが、こちらは英国スタイルを意識した製品です。

ブルーマスター

 エールとしては低い温度で発酵させたスッキリ系ビール

福岡県のケイズブルーイングカンパニーがお届けするペールエールの「ブルーマスター」は、同醸造所の看板商品で、スッキリした味わいとドライホッピングによる豊かな香り、そして低温発酵によって透き通ったビールになったのです。

 ブルーマスターのレビュー・味の特徴は?

インディアペールエール的なオレンジカラー、そして華やいだ香りが特徴です。麦芽の味わいはそれほど探し当てることはできませんが、柑橘フレバ―がしっかり存在、酸味と苦みもなかなか強め。ボディは重いわけではないのでサラッと飲める美味しいビールです。

 

みんびあマン
みんびあマン

エール的なフルーティーテイストとライトボディ、そしてしっかりした苦みでスッキリできるビールです。

ブルーマスター24本セット 地ビール
有限会社ケイズブルーイングカンパニー
¥ 12,020(2019/07/15 01:42時点)

 

ペールエールに合う料理

ペールエールといっても苦みの強いものからフルーティーなテイストを強めたものまで様々です。

大きく分けるとイングリッシュペールエールアメリカンペールエールとなり、前者は定番のイギリス料理であるフィッシュ&チップス、またタコやイカなどのフライもおすすめとなります。

そうなると天ぷらとも意外な相性を発揮しそうですが、特に山菜の天ぷらとの組み合わせは多くの人に好評です。

アメリカンペールエールではそのホップの強みがやはり肉料理との相性を高めてくれており、タンドリーチキンやポーク料理、もちろんビーフとも素敵なペアリングとなるのです。おすすめはグリルやバーベキューです。

これだけ覚えておこう

イングリッシュペールエールを飲むのならフィッシュ&チップスなどのイギリス料理

天ぷらもおすすめ

アメリカンペールエールなら肉料理全般に合う

グリル料理は特におすすめ